« ファンヒーター投入 | トップページ | 中村紀、楽天入り濃厚に »

2008/11/26

ハマの番長、移籍か?残留か?結論持ち越し。

横浜からFA宣言している三浦大輔投手(34)が25日、横浜と残留交渉を行い、「(移籍か残留か)今月中に決める」と述べた。

26~28日は選手会の予定があり、29日にも結論を下すことになりそう。

三浦投手はFA宣言後、阪神と2度の交渉を行っており、横浜と話したことで、球団との交渉は終了。

この日の交渉後も「五分五分」と態度は保留。「両球団とも評価してもらった。いろいろ考えてどうするか決めたい」と語った。

入団以来プレーする横浜への愛着を示す一方、「小さい頃に甲子園に連れて行ってもらった」と阪神への思いも口にした。

横浜の村上忠則チーム運営部門統括は「三浦投手が必要だということを伝えた。球団としてやるべきことはやったと思う」と話した。

移籍か?残留か?いづれにしても、今月中には決着しそうですね。

|

« ファンヒーター投入 | トップページ | 中村紀、楽天入り濃厚に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハマの番長、移籍か?残留か?結論持ち越し。:

« ファンヒーター投入 | トップページ | 中村紀、楽天入り濃厚に »