プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

プロ野球Freak

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブラゼルの1発で逆転。下柳が久々の勝利。 | トップページ | ヒヤヒヤの9回の攻防。桧山のサヨナラ打で勝利。 »

G1 CLIMAX 2009 真壁が悲願の初勝利

「G1 CLIMAX 2009」優勝決定戦が、16日、超満員の両国国技館で行われた。

まずは、第3試合の準決勝で、Aブロック同率1位の真壁刀義と、Bブロック2位の杉浦貴(プロレスリング・ノア)が対決。
 
杉浦は、負傷している真壁の額に攻撃をくわえ、流血に追い込む。そして、得意のニーリフト、中年’Sリフト、ジャーマンスープレックスなどで真壁を追い込む。だが、真壁はショートレンジラリアットから突破口を開き、スパイダージャーマン→キングコングニードロップの連続攻撃で勝利。
 
続く第4試合は、Bブロックを全勝で通過した中邑真輔が、現IWGPヘビー級王者の棚橋弘至と激突。ライバル対決は、攻守が目まぐるしく変わる白熱した展開となる。そんな中、中邑の雪崩式ランドスライドという大技がさく裂。そして、続けざまに放たれたボマイェによって中邑が棚橋を撃破。
 
決勝戦は、ともに初優勝を狙う中村vs真壁の対戦となった。中邑は、真壁の傷口を容赦なく攻撃して流血させると、キック攻撃で試合の主導権を握る。断崖絶壁に追い込まれた真壁だったが、中邑のボマイェをブロックして復活。スパイダージャーマン→キングコングニードロップの必殺フルコースで中邑を粉砕。真壁が悲願の初優勝を決めた。

« ブラゼルの1発で逆転。下柳が久々の勝利。 | トップページ | ヒヤヒヤの9回の攻防。桧山のサヨナラ打で勝利。 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92970/45957238

この記事へのトラックバック一覧です: G1 CLIMAX 2009 真壁が悲願の初勝利:

« ブラゼルの1発で逆転。下柳が久々の勝利。 | トップページ | ヒヤヒヤの9回の攻防。桧山のサヨナラ打で勝利。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク集