« 小林可夢偉がF1デビュー | トップページ | 中日がCS第2ステージに進出 »

2009/10/19

バトンが悲願のドライバースタイトル獲得。小林可夢偉のデビュー戦は9位。

ブラジルGPで、F1デビューレースに臨んだトヨタの小林可夢偉は9位(レースは10位でフィニッシュ、後に9位だったコバライネンがペナルティで12位へ降格となった)。

中嶋一貴は(ウイリアムズ)リタイアに終わっている。

また、注目のタイトル争いはジェンソン・バトン(ブラウンGP)が5位入賞を果たしランキング2位のバリチェロが8位となったため両者のポイントはバトンが89、バリチェロは72となり、これによりバトンが悲願のドライバーズタイトルを獲得。同時にブラウンGPはコンストラクターズタイトルも決めた。

|

« 小林可夢偉がF1デビュー | トップページ | 中日がCS第2ステージに進出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バトンが悲願のドライバースタイトル獲得。小林可夢偉のデビュー戦は9位。:

« 小林可夢偉がF1デビュー | トップページ | 中日がCS第2ステージに進出 »