« 秋華賞(GⅠ) | トップページ | バトンが悲願のドライバースタイトル獲得。小林可夢偉のデビュー戦は9位。 »

2009/10/18

小林可夢偉がF1デビュー

自動車のF1シリーズ第16戦、ブラジル・グランプリは17日、サンパウロで公式予選を行い、ブラウンGP・メルセデスのルーベンス・バリチェロ(ブラジル)が5年ぶりのポールポジション(PP)を獲得した。年間王者争いトップを走る同僚のジェンソン・バトン(英国)は14位。

2位はレッドブル・ルノーのマーク・ウェバー(オーストラリア)、トヨタのヤルノ・トゥルーリ(イタリア)は4位。ウィリアムズ・トヨタの中嶋一貴は9位につけた。

また、デビュー戦となったトヨタの小林可夢偉は11位だった。

中嶋一貴の今期初ポイントにも期待がかかるが、F1デビューの小林可夢偉の走りにも注目したい。

決勝は18日(日本時間19日午前2時)に実施。

|

« 秋華賞(GⅠ) | トップページ | バトンが悲願のドライバースタイトル獲得。小林可夢偉のデビュー戦は9位。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉がF1デビュー:

« 秋華賞(GⅠ) | トップページ | バトンが悲願のドライバースタイトル獲得。小林可夢偉のデビュー戦は9位。 »