プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

プロ野球Freak

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイガース2009

FA宣言した藤本がヤクルトに移籍

ヤクルトは24日、阪神からフリーエージェント(FA)宣言した藤本敦士内野手(32)の入団が決まったと発表した。契約条件は2年契約で総額1億円とみられる。背番号は今季、現役を引退した城石の「10」が有力。来週にも入団会見を行う。

今オフ、FAで他球団への移籍が決まったのは藤本が初めて。ヤクルトのFA補強は、昨年、横浜から獲得した相川亮二捕手に続いて2人目。

藤本は兵庫・育英高から社会人・デュプロなどを経て01年に阪神に入団。03、05年のリーグ優勝に貢献した。通算成績は843試合に出場し、打率2割5分6厘、11本塁打、181打点。しかし今季は出場47試合にとどまった。(金額は推定)

阪神ファンとしては、非常に残念ではありますが、新天地での活躍を祈ります。

オリックスが矢野獲得調査を開始

オリックスが阪神・矢野輝弘捕手の獲得調査を開始したことが21日、明らかになった。

阪神では来季144試合フルイニング出場を誓う城島健司捕手(33)が加入し、矢野は試合出場が極めて厳しくなる。この状況についてオリックス・岡田彰布監督(51)は「矢野の来年が心配や」と球団フロントに話し、矢野の動向に重大な関心を寄せている様子。

オリックスの捕手事情は今季に限らず、近年はずっと不安要素を抱えている。今季は主戦の日高が93試合に出場(打率・254、5本塁打、34打点)したが、リード面の評価は決して高くない。また、他の若手捕手もまだ経験が不足している。

オリックス首脳と、阪神監督時代を含めて当然矢野をよく知る岡田監督はまだ十分に100試合近くスタメン出場できると判断。特に03、05年のリーグ優勝に正捕手として貢献したリード面に衰えはないとみており、同時に若い捕手への教育面でも期待できる。

矢野を獲得できるとなれば全力を挙げて獲りに行くのは決定的。今後もタンパリング(事前交渉)に注意し、慎重に調査を進めていく方針とのこと。

城島が阪神入り

米大リーグのマリナーズを退団した城島健司捕手(33)の阪神入団が27日、決まった。

同日、福岡市内で阪神と2度目の交渉に臨んで合意に達し、記者会見で「阪神のために力を出し切りたい」と語った。

城島は「最初に僕を必要として動いてくれ、誠意を感じた」と理由を述べた。交渉には星野仙一シニアディレクターも出席し、「どうしても君が必要だ」と説得した。

阪神は、城島のマリナーズ退団が発表された20日に獲得の意思を表明し、23日には真弓明信監督も交え初交渉。2005年まで在籍した古巣ソフトバンクも24日、王貞治球団会長が城島に入団を要望。城島は「王さんと会って心が動いた」と打ち明けたが、先行した阪神の熱意が実った形となった。

契約内容は、推定で4年総額20億円。背番号は「2」となる予定。

城島は大分・別府大付高からドラフト1位で1995年にダイエー(現ソフトバンク)入り。2006年にマリナーズへ移籍し、捕手で日本選手初の大リーガーとなった。今季は右太もものけがなどもあって4年間で最低の71試合出場にとどまり、2年を残していた契約の破棄を申し入れて退団。出場機会を求め、日本球界復帰を希望していた。

アッチソンが退団を希望

阪神のスコット・アッチソン投手(33)が退団を希望していることが分かった。

家庭の事情から米大リーグへの復帰を望んでいるという。

阪神の沼沢正二球団本部長は「シーズン中から本人にそういう意思があることは分かっていた」と認めたうえで、「球団としては残ってもらいたい。ぎりぎりまで交渉する」と話した。

アッチソンは今季、藤川とともに救援陣の一角として活躍し、両リーグ最多の75試合に登板した。

虎の恋人菊池雄星、日本でプレー希望

米大リーグか国内のプロ野球か、進路が注目されていた岩手・花巻東の菊池雄星投手が、岩手県花巻市の同校で記者会見を開き、「日本でプレーさせていただきたいと思います」と進路を国内プロに決めたことを表明。

巨人と広島を除く10球団が1位指名宣言を含めた高い評価を伝えており、ドラフト会議史上最多の10球団による競合の可能性も出てきた。

果たして、タイガースは、引き当てることが出来るのかsign02

城島との電撃交渉に南球団社長と真弓監督が出陣。

阪神は23日、マリナーズを退団した城島健司捕手(33)と福岡市内のホテルで電撃交渉を行った。約1時間半に及んだ初交渉には南球団社長とともに真弓監督も秋季練習を抜け出して出席し、“速攻”で獲得への熱意をアピールした。

4年総額20億円超という条件面は、代理人を通じて事前に提示。今回の交渉では金銭よりも、優勝を狙う上で城島は欠かせない存在であることを訴え、指揮官の直接出馬で「自分を強く求めてくれる球団で野球がしたい」と話す城島のハートをしっかりつかんだ。次回交渉はCS終了後、早ければ週明けの26日にも公表の上で行われる。

「虎の城島」誕生は秒読み段階に入ったかsign02

今シーズンの狩野の成長は認めながらも、矢野の状況(怪我の回復具合)を考えると、城島は必要ということでしょうかね。

今岡が退団へ

阪神タイガースは10日、今岡誠内野手(35)と来季の契約を結ばないと発表。

今後の進退については10日午後に本人が会見を行い、明らかにする模様。

今岡は2003年に首位打者、05年には打点王に輝き、ともに阪神のリーグ優勝に大きく貢献。しかし、故障もあって06年からは成績が下降。今季は23試合に出場し、打率1割3分3厘、0本塁打、2打点。

大一番に敗れ4位

CS進出を懸けた直接決戦2連戦。

初戦を落とし、今日は最後の望みを懸けた大一番。

緊迫したいいゲームでしたが、○ヤクルト3-1阪神●で敗戦shock

7回の逆転機を逃したのが痛かったsad

この2試合は今シーズンを象徴した試合内容だったような気がしますね。

来シーズンに期待しましょうpunch

広島に快勝。3位キープでヤクルトとの最終決戦へ。

今日は投打がかみ合い、●広島1-5阪神○で快勝でしたhappy01

4回、新井の先制二塁打とブラゼルの16号2ランで3点を先取。9回には鳥谷の20号2ランで突き放した。

阪神の先発・能見は6回1失点で13勝目。アッチソン、藤川への継投も決まった。

これで今シーズンは残り2試合。

CS進出をかけ、明日から敵地にて対ヤクルト2連戦。

2連勝し、自力で3位を勝ち取りたいsign01

がんばれsign01タイガースsign03

クリーンナップに当たりが戻り3位に浮上

絶対に落とせないヤクルトとの直接対決。

金本、新井、ブラゼルで計6打点と主軸が大当たりsign03

投げては先発・能見からの継投で反撃をかわし、●ヤクルト1-7阪神○で勝利し、3位に浮上up

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク集