プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

プロ野球Freak

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

タイガース2012

藤浪の背番号は「19」

阪神からドラフト1位指名を受けた大阪桐蔭高の藤浪晋太郎投手。

早くも、かつての巨人キラー・小林繁氏と同じ背番号「19」を託された。

エースナンバー「18」を超える活躍を目指してほしいとの思いがこめられている。

タイガースの中心選手として球界を代表する投手になってほしいです。

『プロ野球ドラフト会議 supported by TOSHIBA』で藤浪の交渉権を獲得

阪神は、今ドラフト最多の4球団が競合した大阪桐蔭高校・藤浪晋太郎投手の交渉権を抽選で獲得。

くじを引き当てた和田監督のガッツポーズがよかったですね。清原を外して以来、抽選は12連敗でしたが、ようやく連敗ストップ。

さらに、2位ではこ光星学院高校・北條史也内野手の交渉権を抽選で獲得。坂本2世の呼び声も高く、活躍を期待したいです。

今年のドラフトでは、6名の有望な選手たちの交渉権を獲得できたと思います。

一軍で活躍する姿を見たいです。

【第1巡目指名選手】
藤浪晋太郎 投手
大阪桐蔭高

【第2巡目指名選手】
北條史也 内野手
光星学院高

【第3巡目指名選手】
田面巧二郎 投手
JFE東日本

【第4巡目指名選手】
小豆畑眞也 捕手
西濃運輸

【第5巡目指名選手】
金田和之 投手
大阪学院大

【第6巡目指名選手】
緒方凌介 外野手
東洋大

金本引退試合。夢をありがとう!

2012年最終戦は聖地甲子園で行われた。

それは、アニキ金本の引退試合でもあった。

金本が現役最後の試合に「4番・左翼」でフル出場。

4打数1安打1盗塁の活躍をみせると最後は左翼に上がったウイニングボールもキャッチした。

そして、試合終了後には、引退セレモニーが行われた。

Img_0393
自然と涙があふれ出た…

涙が止まらなかった…

Img_0394
清原和博氏らから花束を受け取り、ナインの手で6度、胴上げされた。

あなたの雄姿は一生忘れません。

アニキ・金本知憲選手、阪神タイガースに来てくれて本当にありがとうsign03

そして、夢をありがとうsign03

能見、完封で10勝目

甲子園でアニキ金本の姿が見られるのも今日を入れてあと3試合。今日は、先発出場も3打席無安打でした。

阪神・能見、広島・前田健のエース対決。

1回裏に鳥谷のホームランで先制。4回裏には森田の犠牲フライで1点追加し2点リード。

このリードを能見が守りぬく。7回裏1死満塁のピンチを凌ぎ、完封勝利。

能見は今期2度目の完封で、2年連続2ケタ勝利。来年も左のエースとしてがんばってほしいです。

捕手城島、引退

日本人捕手として初めてメジャーに挑戦し、日本にも強肩、強打、好リードと高い次元でバランスが取れた捕手がいることをメジャーに知らしめた城島。

阪神に移った10年以降、左膝、右肘の故障が相次ぎ、今季は一塁手としてスタートしたが、捕手・城島としては復活できないと限界を感じて引退を決意したようですね。

これで、阪神は来期もキャッチャーに苦しみそうですねsweat01

金本、475号達成

引退を発表した阪神・金本が田淵幸一(元阪神など)を抜く歴代単独onezero位に立つ通算foursevenfive号本塁打を放った。

また、2打点を挙げ通算打点数を1520とし、歴代7位・長嶋茂雄(巨人)の1522にあと2と迫った。

1つでも記録を伸ばしてほしいです。

アニキ金本、引退を決意

「アニキ」金本知憲外野手(44)が今季限りで引退する意思を固め、12日午後に西宮市内のホテルで緊急会見を開いた。

FA権を取得した2003年に当時・星野仙一監督が指揮していた阪神に移籍し、2003年のリーグ優勝に貢献。その後も阪神の4番打者として2005年のリーグ制覇など、毎年のように優勝争いに加わる阪神の中心選手として活躍。

ノムさんが下地を作り、金本が来て、阪神は長い低迷から脱しました。まさに救世主だったと思います。

右肩のケガ以降、苦しいシーズンが続いたと思いますが、それでも存在感は抜群でした。

引退表明は残念で驚きましたが、いつの日にか、指導者として、阪神に戻ってきて欲しいと思います。

残りの試合、アニキの姿を目に焼き付けたいです。

2度のリーグ優勝に導いてくれた鉄人金本。ありがとう。

連敗ストップ

ようやく対巨人戦の連敗がストップ。

メッセンジャーが、完封勝利で止めてくれましたgood

ナイスピッチングでしたhappy01

今日は打線も繋がりましたねnote

明日も勝つぞsign01タイガースsign03

ちなみに、阪神の外国人投手が巨人戦で完封勝利するのは1988年9月9日に甲子園でキーオが記録して以来24年ぶりだそうです。

歳内、プロ初登板

今宵は、阪神vs広島戦をTV観戦tv

阪神は、高卒ルーキーの歳内がプロ初登板。

初球を東出にヒットされ、いきなり1死満塁のピンチshock
ここは、後続を断ち無失点で切り抜けたが、2回表2死3塁でピッチャー強襲ヒットで1点を失うdown

しかし、失点はこの1点のみ。5回裏に代打を送られ1失点で降板。そして、歳内の代打金本が、広島先発の前田健からタイムリーを放ち同点に追いつき、歳内には勝ち負けはつかず。

歳内は、立ち上がりこそバタバタしましたが、3回以降は好投。次回登板に期待を持たせてくれましたhappy01
しかし、歳内の落差のあるスピリット(フォーク?)は、精度があがれば「伝家の宝刀」となるでしょうがキャッチャー泣かせですね。小宮山は体で止めるのがやっとって感じでした。

5回以降、両チームとも決定的なチャンスがなく延長戦にdash

11回裏1死1塁。新井良の打球は風に乗ってライトスタンドへsign01サヨナラツーランホームランで劇的勝利sign03

和田監督の誕生日を勝利で飾った。

9回2死から6得点で勝利

8回までの投手戦から一転。

8回裏に同点に追いつかれたときは、若干いやな予感がしたんですが、9回2死3塁から、あれよあれよという間に一気に6得点up

6回表の無死満塁で1点も入らなかったのに、点が入るときはこんなもんなんですね。

ともあれ、ヤクルトに勝ち越し。

がんばれsign01タイガースsign03

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク集