プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

プロ野球Freak

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

野球

ENEOS侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ戦 第一戦

本日は京セラドーム大阪で、ENEOS侍ジャパンシリーズ2019の日本vsメキシコ戦の第一戦を生観戦
 
Dsc_1285  
試合開始1時間前に着きましたが、入場までそこそこ時間がかかりました。
 
Dsc_1289  
座席は、1塁側内野指定席。
 
Dsc_1294  
目の前にフェンスがあるので、とりあえず、ファールボールの危険はないので、安心してビールを飲んじゃいました
 
Dsc_1292  
スタメンはこんな感じ。
 

Img_2348
 
残念ながら、タイガースの大山はスタメンではありませんでした。
 
Img_2360  
侍ジャパンが1点先制し、今永→山岡→高橋礼とつないで、5回まで2点リード。
 
Img_2375  
6回に1失点し、2-1で迎えた7回裏。
 
Img_2383  
マウンドには松永。しかし、長打で2失点。逆転を許す。
 
8回裏は、梅野が登板。
 
Img_2388  
またしても長打攻勢で1失点し、2-4で2点リードを許す。
 
そして、9回表。
四球とヒットで、1死2,1塁と同点のランナーを出したが、最後は、上林のライトフライでタッチアップを試みた1塁ランナー京田が2塁で刺され、ダブルプレーで試合終了。
 
Img_2390  
国際試合独特緊張感もあり、なかなか得点できませんでした。
 
そんな中、上林が猛打賞、吉田正もマルチ安打と、第二戦の勝利に期待を持たせてくれる打撃でした。
 
明日は勝つぞ侍ジャパン

プレミア12 侍ジャパンは3位

本日はタカチマくんと東京ドームで『プレミア12』の3位決定戦を生観戦
 
Dsc_0002
 
Dsc_0004

準決勝では残念な逆転負けでしたが、最後は勝って終わりたい。
 
Img_4587
 
 
Img_4596
 
本日の座席は3塁内野指定S。結構席は埋まってました。
 
Dsc_0006
 
でも、みんな決勝戦で見たかったというのが本心でしょう
 
さて試合は、1回裏。山田のソロホームランで先制
 
Img_4610
 
Img_4611
 
さらに2回裏もホームラン攻勢。まずは山田の2打席連発ホームラン
 
Img_4644
 
さらに、中田も
 
Img_4652
 
 
Img_4653
 
さらにさらに、松田も
 
Img_4654
 
2回を終わって7点リード。
 
7回表にソロホームランで1点返されるが、7回裏にすぐさま1点返すと、8回裏に秋山の2ランホームラン
 
Img_4694
 
これで10点差となりコールド勝ち
 
Img_4695
 
侍ジャパンの全得点のうち、7回裏の1点以外はすべてホームランでの得点でした。
 
Img_4696
 
 
Img_4732
 
初代王者は逃しましたが、3位おめでとうございます
 
また、スタッフの皆さんもお疲れ様でした。
 
Img_4739
 
来季も選手の皆さんの活躍を期待します。
 
そして、この後はアメリカvs韓国の優勝決定戦でしたが…
 
Img_4741
 
メジャー選手のいないアメリカにも、韓国にも興味がなく観ないで撤収。
 
場内から出たところで、「チケットありますか?」と近づいてきた韓国人の学生2人組に「がんばってね」と一言添えてチケットを譲ってあげて(もちろん無償提供ですよ)、祝勝会(?)に向かいました

侍ジャパンの決勝進出を信じて

11月21日(土)に東京ドームで開催されるプレミア12の3位決定戦、優勝決定戦のチケットを買っちゃいました

12219488_731259837008847_2749035592
侍ジャパンが勝ち上がってきてくれることを信じて。

がんばれ侍ジャパン

母校が来春のセンバツ21世紀枠の近畿地区候補校に選ばれました

日本高野連から、来春の第86回センバツ高校野球大会(3月21日から12日間・甲子園)に出場する「21世紀枠」の各地区候補9校が発表された。

▽天塩(北海道)
▽角館(東北=秋田)
▽小山台(関東・東京=東京)
▽長野西(北信越=長野)
▽伊勢(東海=三重)
▽海南(近畿=和歌山)
▽大東(中国=島根)
▽坂出(四国=香川)
▽大島(九州=鹿児島)

近畿では秋季和歌山大会準優勝の我が母校、海南高校が選ばれ、海南高校としては1964年以来、統合した大成高校も含めると1987年以来の27年ぶりのセンバツ出場へ一歩前進

各地区候補9校のうち、甲子園出場経験があるのは海南高校のみ。統合した大成の春2回を含め、春は16回、夏は4回。海南中だった春の第11、15回大会(1934、38年)で4強入りの球暦がある。

2008年に大成高校と統合。さらに校舎改築のため練習場所確保が難しく、グラウンドはサッカー部などと共用しており手狭。外野守備練習では、グラウンドから少し離れた校舎と体育館の間から、高さ14メートルのネット越しにノックを行うなど練習環境は厳しいですが、なんとか選ばれて甲子園出場して欲しいですね。

来期のパ・リーグ公式戦日程が発表されました

2014年シーズンのパ・リーグの公式戦日程が発表されました。

3月28日開幕。

楽天イーグルスは、ビジターの西武戦で開幕。ホーム開幕は4月1日のオリックス戦。

春が待ち遠しいっす。

WBC準決勝。侍ジャパン敗退。3連覇ならず。

WBC決勝トーナメント。日本vsプエルトリコ戦。

東京から帰宅後、ダイジェスト版で試合観戦。

王、原の2連覇監督の始球式で開幕。

侍ジャパンの先発は、前田健。2四球とヒットで1点先制を許し、追いかける試合展開。

侍ジャパン打線は、5回、6回と得点圏にランナーを進めるも得点ならず。

7回表。能見が2ランホームランを浴び3点差に。

8回裏。1死3塁。井端のタイムリーで1点返した後、内川もヒットで続き2,1塁。打席には4番の阿部。ここで1塁走者の内川が2塁へスタートを切った。しかし、2塁走者の井端は3塁をうかがうしぐさをみせるも走らず。内川はあわてて止まったが、ボールを持ったまま追ってきた捕手にタッチアウトにされた。

この後阿部も倒れ、反撃ムードもここまで。

日本1-3プエルトリコで敗戦。3連覇の夢は潰えた。

中盤で追いついていれば…という感じの試合展開でした。

選手のみなさん、お疲れ様でした。

WBC2次ラウンド。侍ジャパン1位通過!

WBC2次ラウンド最終戦は、2度目のオランダ戦

1回表、先頭打者にホームランを打たれ1点先制を許す

2回裏。侍ジャパン打線が爆発。阿部の1イニング2本塁打などで一挙8点

このままの勢いで圧勝かと思ったが…

7回に2点、8回に3点を失って2点差に詰め寄られる

いやなムードだったが、8回裏の攻撃で中田の中前打を足がかりに、2死3、2塁で長野が2点タイムリーを放ち突き放し、日本10-6オランダで勝利

2次ラウンド1位通過で、3月18日(日本時間)にサンフランシスコで2組2位チームと対戦。

18日は東京で朝から研修なんで、休憩時間に途中経過を見る感じだな。

がんばれ侍ジャパン

WBC2次ラウンド。侍ジャパン、6発大勝で決勝トーナメント進出決定!

WBC2次ラウンド。勝てば準決勝進出が決まる一戦は、キューバを倒したオランダ

いきなり鳥谷のホームランで先制1番起用に応えた

2回は、松田の2ラン、内川の3ランで5点。

3回は、稲葉のソロで1点。

4回は、糸井の3ランで3点。

オランダ打線を圧倒するホームラン攻勢

5回は阿部、6回は松田のタイムリーでそれぞれ1点づつ追加。

先発の前田健は5回1安打無失点。決勝トーナメントでも快投を期待します

6回裏にバレンティン、ジョーンズにタイムリーを浴びて4失点で8点差に

7回に坂本のグランドスラムで再び12点差に

最後は涌井が無失点で切り抜け7回コールド勝ち

これまでの試合とはうって変わっての大差での勝利。やっとスカッと勝ってくれました。本来のスモールベースボールではなかったですが…

とはいえ、これで決勝トーナメント進出が決定

この調子で、がんばれ侍ジャパン

WBC2次ラウンド。延長で台湾に逆転勝ち!

WBC2次ラウンドが始まった

日本代表・侍ジャパンの初戦の相手は台湾。先に試合のあったキューバがオランダに負けたので、ここはぜひとも勝っておきたい。

Img_20130308_185427
常連のMくんも参戦し、『おでん屋だいすけ』で観戦

1回表、制球の定まらない王からチャンスを作るもあと1本がでず無得点。

日本の先発は能見。立ち上がりは上々も、3回に制球を見出し、押し出しで先制点を許す

5回にも1点追加を許し、2点差で迎えた8回表。井端、内川の連打で3,1塁。阿部のタイムリーで1点差に。さらに坂本のタイムリー同点に

6回、7回をピシャリと押えて攻撃のリズムを作った田中だったが、8回裏に連打を浴び、まさかの1失点。なおもピンチが続いたが、山口、澤村が押さえる。

追い込まれた侍ジャパン。9回表2死から鳥谷が盗塁し、間一髪セーフそして、井端が同点タイムリーめっちゃしびれました。

試合は3-3の同点で延長戦に

10回表、1死3,2塁。中田の犠牲フライで、ついに1点勝ち越し

最後は杉内が抑えて、3-4で劇的勝利

しんどい試合でしたね

台湾に、王クラスの投手がもう一人いたらやられてましたね。

次は、10日にオランダ戦。勝ってアメリカ行きを決めたいっすね。

がんばれ侍ジャパン

侍ジャパン、2位で1次ラウンド通過

WBC1次ラウンドA組

侍ジャパンの最終戦は、キューバ戦。

先発の大隣が2回まで無安打の好投を続けていたが、3回にトマスに先制ソロホームランを打たれると、続く田中、沢村がそれぞれ1失点、さらに今村も3ランホームランを浴びて合計6点を失った。

6-0で迎えた9回表、ようやく反撃。1死満塁から3点を返したものの反撃は及ばず。

6回まで毎回走者を出しながら1本が出ず、キューバに敗れた。

なかなかあと1本がでませんねぇ

これで、1次ラウンドは2位通過となり、2次ラウンド初戦(8日、東京ドーム)で、B組1位の台湾と対戦する。

2次ラウンド突破に向け、がんばれ侍ジャパン

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集