プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

プロ野球Freak

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

趣味

思わず買っちゃいました

所用で横浜まで行った帰りに本屋さんに立ち寄ったら…
 
見つけちゃったhappy01
 
Dsc_0118
 
『バリバリ伝説』 のファンブックsign03
 
思わず買っちゃいましたcoldsweats01

スーパーフォーミュラ第6戦を見てきました

本日は、佐藤琢磨が参戦するということで、スーパーフォーミュラ第6戦スポーツランドSUGOの決勝レースを生観戦してきましたhappy01

Img_20130929_072500
朝6:00過ぎに出発し、7:00にスポーツランドSUGOに到着。駐車場から軽く登山気味に歩き、第1コーナースタンドに。

7:50からのCBR250Rの公式予選後、ヴィッツレースを挟んで、9:15からスーパーフォーミュラのフリー走行dash

Img_1309
エンジン音は迫力満点up

続いて、10:20からは、Civicの決勝レース。

Img_1327
11:05からは、N-ONEのデモレース。

Img_1328
12:05からCBR250Rの決勝レース。

Img_1354
Img_1359
13:05からは、F3の決勝レース。

Img_1366
このころから炎天下となり、めっちゃ暑かった。

そして、メインのスーパーフォーミュラの決勝。フォーメーションラップ前に、メインスタンド側からお目当ての中嶋一貴と佐藤琢磨に近づいてみました。

Img_1393
Img_1401
マシンはこんな感じ

Img_1407
Img_1408
そして、15:00に、いよいよレーススタートdash

Img_20130929_150237
がーん!佐藤琢磨がスタートに失敗し、エンジンストールdown

これが波乱の幕開けだったのか、3周目に#38平手のクラッシュのためセーフティカー、7周目に再開となるが再スタート直後の1コーナーで#19デ・オリベイラのクラッシュのためセーフティカー、29周目にも#18ブラッドレーのクラッシュのため3度目のセーフティカー、さらに58周めには#10塚越のクラッシュで4度目のセーフティカー。

お目当ての中嶋一貴も、58周目の1コーナーで#10塚越をオーバーテイクする際に接触してコースアウトし、リタイアdown

4度めのサーフティカーの後、残り5周でレース再開dash

最終ラップの最終コーナーでは、デュバルのスリップストリームにロッテラーが入り込み、ゴール目前でサイド・バイ・サイドに持ち込むが、0.041秒、ほんのノーズ先の分だけデュバルが前でゴールmotorsports

Img_1419_2
デュバルは今季初優勝。2位はロッテラー。3位は山本。

佐藤琢磨は2ラップ遅れの11位でした。

Img_1428
久々に国内最高峰のフォーミュラカーのレースを生観戦しましたが、エンジン音、スピードとも迫力満点でしたhappy01

レース観戦のついでに、キャンギャル、SUGOレースクイーンも撮影してみましたcamera

Img_1330
Img_1332
Img_1333
Img_1334
Img_1335
Img_1348
Img_1425

週刊マクラーレンMP4-23 65号

65号で、いよいよモデルが完成する。

これまで組み立ててきたすべてのパーツを1つに組み上げ、ディテールを再現したジョイントパーツやキルスイッチといった小さなパーツを取り付ける。

さらに、車体を彩るラインやスポンサーロゴなどのデカールを貼り、外観を実車同様に仕上げて作業完了。

65_01
65_02
65_03
ついに、モデルが完成しましたhappy01
実車の1/8のスケールで、結構な大きさですね。

あとは、別途注文したディスプレイケースが届くのを待つばかりです。

週刊マクラーレンMP4-23 64号

64号では、ラジエーター関連のパーツをメインボディに取り付けてから、サイドカメラやサイドミラーを組み立てて装着します。最後にリアウイングにはテールライトを装着する。

64_01
まず、メインボディにゴールドシールを貼り、ラジエーターとラジエーターホース、サイドカメラとサイドミラーがメインボディに取り付けられた。

64_02
続いて、リアウイングにテールランプを装着し、作業完了。

64_03
いよいよ次号が最終号。ついに完成します。

週刊マクラーレンMP4-23 63号

63号では、まず、メインボディの先端にプッシュロッドカバーを取り付ける。そして、トライアングラーフィンとコクピットカナード、トップカメラとピトー管、ディスプレイを装着して、メインボディの内装と外装を完成に近づける。

63_01
メインボディにプッシュロッドカバー、トライアングラーフィン、コクピットカナードなどが取り付けられ、車体各部のディテールが再現された。

63_02
残り2回となり、完成が近づいてきました。

週刊マクラーレンMP4-23 62号

62号では、まずエンジンカウルにフロントフェアリングフェンスを取り付けます。そして、フロントウイングとバージボードにディテールアップデカールを貼ってから、ディフレクターとバージボードを取り付け、メインボディをさらに完成に近づけます。

62_01
まず、エンジンカウルを組み立てます。エンジンカウルにフロントフェアリングフェンスを接着。

62_02
続いて、フロントウイングをディテールアップ。

62_03
そして、メインボディにディフレクターとバージボードを接着。

62_04
ノーズ部分のボリュームが増しました。

週刊マクラーレンMP4-23 61号

61号では、まずサイドプロテクターとミニウイングを組み立て、メインボディにインダクションポッドカウルを取り付けるなど、メインボディを肉付けする。そして、フロント・サスアームなどにディテールアップデカールを貼り、ミニウイングをリアカウルに取り付ける。

61_01
まずは、サイドプロテクターを組み立て。さらに、メインボディにインダクションポッドカウルを接着。最後に、組み立てたサイドプロテクターは、メインボディに取り付けて保管。

61_03
続いて、フロント・サスアームなどにディテールアップデカールを貼り付け。

61_04
続いて、ミニウイングを組み立て、リアカウルに取り付けて作業完了。

61_02
いよいよ完成が近づいてきましたhappy01

週刊マクラーレンMP4-23 60号

60号では、まず、トランスミッションカウルとインダクションボックスカウルを接着し、リアカウルを組み立てる。次にメインボディにモノコックボディを取り付ける。

60_01
まずは、リアカウルを組み立て。インダクションカウルにトランスミッションカウルを接着し作業完了。

60_02_2
次に、メインボディにモノコックボディを取り付けた後、ブレーキマスタシリンダを取り付けて作業完了。

60_03
だいぶ、いい感じに出来上がってきましたね。

週刊マクラーレンMP4-23 59号

59号では、まずインダクションポッドの後ろにつながるインダクションボックスカウルを組み立てる。続いて、メインボディにロワーエンジンカウルを取り付けて、車体の外装を完成に近づけていく。

59_01
左右のインダクションカウルにブルテックスジェネレーターを接着した後、接着。さらにフォワードウイングを接着し、インダクションボックスカウルが完成。

59_02
続いて、メインボディに左右のロワーエンジンカウルを取り付けて作業完了。

59_03
完成が近づいてきた感じですね。

週刊マクラーレンMP4-23 58号

58号では、サイドポンツーンの前側に装着されるバージボードの塗装をはがし、ノーズの下に装着されるディフレクターを組み立てて、メインボディに取り付ける準備をし、さらにシートとシートベルトをメインボディのコクピットユニット内に固定し、コクピットを完成に近づけます。

58_01
バージボードの塗装面の塗装をはがし、ディフレクターを組み立てて、車体に取り付ける準備が完了。

58_02
さらにシートがメインボディに取り付けられて、コクピット内部も実車に近づいてきた。

58_03

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集