一口馬主

2020/08/28

出資馬が確定しました

2020年度募集の出資馬が確定しました。

ブラックエンブレムの19
 性別    :牡
 毛色    :鹿毛
 生年月日  :2019年5月17日
 生産    :ノーザンファーム
 厩舎    :栗東 藤原英昭
 父     :キタサンブラック
 母(母の父):ブラックエンブレム(ウォーエンブレム)

活躍を期待したいです。


近況
ブラックエンブレムの19[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者のコメント
「ここまで体調を崩すことなく順調に夜間放牧をこなしています。馴致に関しては、体洗いのみ終了していますが、やや繊細なところがあり、慣れるまで少々手間取りましたね。でも、問題になるほどではなく、慎重に接していけば大丈夫でしょう。馬体に関しては、体高が先行して伸びていましたが、最近は幅も出てきて良い体つきになってきましたよ。今後は繊細な面を上手に誤魔化しながら鞍付けを進めて、無事に育成厩舎に送り出したいと思っています」馬体重418

| | コメント (0)

2020/08/17

ブルヴェルソン号、レース結果と調教師のコメント

愛馬ブルヴェルソン号、下記のとおり、先週日曜日の札幌9Rに柴山雄一騎手騎乗で出走し、7着でした。

休養明けということで、一旦放牧に出して、秋競馬での出走を目指すようです。

20200706_20200817204101

ブルヴェルソン[父 ダイワメジャー : 母 キューティゴールド]
 8/16()札幌9R 3歳上2勝クラス〔D1,000m・12頭〕7着[12人気]

互角のスタートから促しながら中団で流れに乗っていきます。そのまま最後の直線に向き、内から懸命に追われるとジリジリ脚を伸ばして、約8ヵ月半ぶりとなるレースは7着入線しています。

高野友和調教師のコメント
「鼻出血の影響で昨年12月の阪神以来のレースとなりましたが、プラス16kgとやや体に余裕が感じられたものの、良い状態で復帰させることが出来ました。柴山雄一騎手には二の脚がそこまで速い方ではないので、流れに乗り遅れないよう伝えていましたが、置かれることなく中団に付けることが出来ましたね。1,000mの距離にどれだけ対応してくれるか気掛かりでしたが、3コーナーでは行きっぷりが良かったですし、ロスなく最後の直線に差し掛かることが出来ました。最後の直線ではもうひと伸び利かなかったですが、久々ということを考えると次に繋がるレースが出来たのかなと思います。レース後は問題ありませんが、鼻出血明けでもありますので、一旦ノーザンファーム空港へ放牧に出して秋以降のレースに備えたいと思っています」

| | コメント (0)

ベルラガッツォ号、レース結果と調教師のコメント。そして、引退へ。

愛馬ベルラガッツォ号、下記のとおり、先週土曜日の札幌3Rに池添謙一騎手騎乗で出走し、9着でした。

そして、検討の結果、引退することになりました。

2020071904_20200817203701

ベルラガッツォ[父 オルフェーヴル : 母 ベッラレイア]
 8/15()札幌3R 3歳未勝利〔D1,700m・14頭〕9着[5人気]

引き続きブリンカー着用。五分のスタートから促して外目の3番手を追走します。4コーナーでは2番手に上がるも、直線半ばで脚が上がってしまい、9着で終えています。

稲垣幸雄調教師のコメント
「池添騎手からは『前走はハナに行って終いが甘くなったので、今回は少し脚を溜める競馬をしてみたい』と言われていました。ですから、今回は内の行きたい馬を行かせて好位で控える競馬だったのですが、ワンペースな部分があって、他馬が動いたタイミングで反応出来ませんでしたね。レース後のジョッキーのコメントは『自分の思っていた競馬をすることは出来ましたが、やはり直線に入ってから甘くなってしまいました。もう少し距離が短い方が良いのでしょうか』との事でした。結果論にはなりますが、前走のように自分のペースで逃げていた方が持ち味は活きたのかもしれないですね。ただ、今日の流れで逃げていたとしても勝ち切るところまでは厳しかったと思います。レース直後は馬体に問題はありませんでしたが、馬房に戻ってから軽い鼻出血の症状がありました。もしかすると、レース中に肺で炎症が起きてしまっていたのかもしれません。こちらへ転厩していただいてから3戦しましたが、良い結果を残すことが出来ずに申し訳ございませんでした」

これまでの競走内容を踏まえ、今後について協議した結果、誠に残念ではありますが、このまま引退させることといたします。近日中に抹消の手続きを行わせていただき、20()のサラブレッドオークションに上場する予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

| | コメント (0)

2020/08/14

ブルヴェルソン号、今週日曜日出走します。

愛馬ブルヴェルソン号、下記のとおり、今週日曜日の札幌D1,000mに柴山雄一騎手騎乗で出走します。

好走を期待したいです。

20200706_20200814214101

ブルヴェルソン[父 ダイワメジャー : 母 キューティゴールド]
在厩場所:札幌競馬場
調教内容:12日に札幌ダートコースで追い切り
次走予定:札幌816日 D1,000m〔柴山雄一〕

高野友和調教師のコメント
12日に札幌ダートコースで追い切りました。柴山雄一騎手に感触を確かめてもらったところ、息づかいは気になったようですが、動きはまずまずだと言っていました。4月の調教で肺に負担がかかって鼻出血を発症してしまいましたが、じっくり立て直してもらったことで、帰厩後は順調に進めることが出来ましたし、馬体にはメリハリがあって良い状態でレースに臨めそうです。後は小回りコースの1,000mにどれだけ対応してくれるかがカギになりそうですが、昨年12月の阪神・D1,200mに出走した際は最後の直線で前が詰まって脚を余す形になってしまったものの、道中は上手く流れに乗ってレースを運ぶことが出来たので、この条件でも良い走りを見せてほしいですね」

| | コメント (0)

2020/08/12

ベルラガッツォ号、今週出走予定です

愛馬ベルラガッツォ号、下記のとおり、今週土曜日の札幌3Rに池添謙一騎手騎乗で出走予定です。

池添謙一騎手からも心強いコメントをもらっていますので、好走を期待したいです。

2020062002

ベルラガッツォ[父 オルフェーヴル : 母 ベッラレイア]
在厩場所:札幌競馬場
調教内容:12日に札幌ダートコースで時計
次走予定:815日の札幌・D1,700m〔池添謙一〕

稲垣幸雄調教師のコメント
12日に札幌ダートコースで追い切りを行いました。単走で半マイルから終いサッと脚を伸ばす程度でしたが、最後までしっかりとした脚取りで走れていて、動きは悪くありませんでした。前走の疲れも先週あたりから取れてきていますし、息の感じも問題ありませんから、今週予定通り出走させることが出来そうです。引き続き手綱を取ってくれる池添謙一騎手は、『前走の感触からもっとこの馬の良さを引き出せるような乗り方をしたい』と言ってくれていて心強いですし、何とかこのチャンスを活かせるように頑張ってもらいたいですね」

出走予定(想定)
ベルラガッツォ[父 オルフェーヴル : 母 ベッラレイア]
 15()札幌3R・D1,700m〔56 池添謙一〕

調教タイム
ベルラガッツォ[父 オルフェーヴル : 母 ベッラレイア]
 助 手 8/12()札ダ稍 57.0- 41.9- 13.53]馬なり余力

| | コメント (0)

2020/08/06

ブルヴェルソン号、次週出走予定です

愛馬ブルヴェルソン号、下記のとおり、8月16日の札幌D1,000mに柴山雄一騎手騎乗で出走予定で調整中です。

20200706

ブルヴェルソン[父 ダイワメジャー : 母 キューティゴールド]
在厩場所:札幌競馬場
調教内容:6日に札幌ダートコースで追い切り
次走予定:札幌816日 D1,000m〔柴山雄一〕

高野友和調教師のコメント
6日に札幌ダートコースで追い切りました。牧場でしっかり乗り込んでもらっていたこともあって、動き・時計ともに良かったですし、1週前としては順調に仕上がってきていると思います。息づかいはもう一つですが、元々呼吸が荒い馬ですし、動きに影響するものではないので、そこまで気にしなくていいでしょう。今回しっかり負荷を掛けたことで、来週はもっと動けるようになると思います。なお、鞍上は柴山雄一騎手に依頼しています」

調教タイム
ブルヴェルソン[父 ダイワメジャー : 母 キューティゴールド]
 助 手 8/6()札ダ稍 70.6- 54.5- 40.4- 12.56]一杯に追う

| | コメント (0)

ベルラガッツォ号、次週出走予定です。

愛馬ベルラガッツォ号、下記のとおり、8月15日の札幌D1,700mに池添謙一騎手騎乗で出走予定で調整中です。

2020071904_20200806193301

ベルラガッツォ[父 オルフェーヴル : 母 ベッラレイア]
在厩場所:札幌競馬場
調教内容:5日に札幌ダートコースで時計
次走予定:815日の札幌・D1,700m〔池添謙一〕

 稲垣幸雄調教師のコメント
「先週までは普通のところを乗ってレースの疲れを取ることに重点を置いて進め、5日には札幌ダートコースで追い切りを行いました。無理せず単走で、15-15を少し切るくらいのところを消化しましたが、トモの力強さには欠けるものの、全体的な走りのバランスは悪くありませんでしたね。続けて出走させてきていますし、速い時計を出すというよりは、適度に動かしつつ馬体に支障が出ないように注意して調整していきたいと思います。今のところ、15日の札幌・D1,700m戦に引き続き池添謙一騎手で予定しています」

調教タイム
ベルラガッツォ[父 オルフェーヴル : 母 ベッラレイア]
 助 手 8/5()札ダ重 74.9- 58.1- 43.4- 14.35]馬なり余力 

| | コメント (0)

2020/08/03

セリユーズ号、レース結果と調教師のコメント

愛馬セリユーズ号、下記のとおり、先週土曜日の新潟10R月岡温泉特別に三浦皇成騎手騎乗で出走し、18着でした。

道中好位で追走するも直線で失速。シンガリ負けでした。

状態は良くなかったのかもしれません。

次走、巻き返しなるかな…

2020080101

2020080104

レース結果
セリユーズ[父 ディープインパクト : 母 ミュージカルロマンス]
 8/1()新潟10R 月岡温泉特別〔芝1,600m・18頭〕18着[5人気]

シャドーロール着用。五分のスタートを切りますが、急かすことなく中団からのレースになります。ラスト600m辺りから鞍上の手が動くも、自慢のキレ脚は影を潜めて最後方でゴールしています。

国枝栄調教師のコメント
「新潟競馬場までの輸送でもう少し体は絞れてくるかなと思ったのですが、結果的にはプラス4kgでの出走になりました。それでもパドックでの体つきは太すぎる訳でもありませんでしたし、まずまずの状態で出走させられました。ただ、昨年12月のレースから間隔が空いていたこともあると思いますが、この馬本来の走りが見られませんでしたね。騎乗した皇成(三浦皇成騎手)は『道中の雰囲気は悪くなかったのですが、ペースが上がるにつれて息遣いが悪くなってしまいました。直線で追い出してからすぐに手応えが無くなり、走りがバラバラになりましたから、最後は無理をさせませんでした』とコメントしていました。調教では週を重ねる毎に息遣いは良化していたものの、レースでは調教以上にスピードを求められるので、もしかすると苦しくなったのかもしれません。今のところ鼻出血なども見られず、上がりの歩様も問題はありませんが、この負け方ですからトレセンに戻ってよく状態を確認しておきます」

| | コメント (0)

2020/07/30

セリユーズ号、今週土曜日に出走します

愛馬セリユーズ号、下記のとおり、今週土曜日の新潟・月岡温泉特別に三浦皇成騎手騎乗で出走します。

久々の出走になりますが、好走を期待したいです。

20200625_20200730064901

セリユーズ[父 ディープインパクト : 母 ミュージカルロマンス]
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:29日に南Wコースで時計
次走予定:81日の新潟・月岡温泉特別〔三浦皇成〕

国枝栄調教師のコメント
29日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。先週に引き続きプロディガルサンと併せており、セリユーズが大きく先行する形から、直線で並びかけられると最後は同入で終えています。調教を重ねる毎に体つきはシャープになってきて、走りにも素軽さを感じますね。調教を手伝っていただいた三浦騎手の感触も良かったですし、レースでも良いイメージで乗ってくれると思います。心配していた息遣いに関しては速めをこなしても悪化することはありませんし、むしろ運動後の息の入りは良くなってきましたよ。久々の実戦にはなりますが、プール調教を挟みながら心肺機能のアップにも努めてきましたし、まずまずの仕上がりで臨めますので、良い競馬を期待したいですね」

出走予定(想定)
セリユーズ[父 ディープインパクト : 母 ミュージカルロマンス]
 81()新潟10R・月岡温泉特別〔55 三浦皇成〕

調教タイム
セリユーズ[父 ディープインパクト : 母 ミュージカルロマンス]
 三 浦 7/29()南W稍 67.4- 52.1- 38.1- 12.75]馬なり余力
  プロディガルサン(古オープン)馬なりの外2.4秒先行同入

| | コメント (1)

2020/07/25

セリユーズ号、次週出走に向け調整中です

愛馬セリユーズ号、下記のとおり、8月1日の新潟・月岡温泉特別に三浦皇成騎手騎乗で出走予定です。

20200625

セリユーズ[父 ディープインパクト : 母 ミュージカルロマンス]
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:22日に南Wコースで時計
次走予定:81日の新潟・月岡温泉特別〔三浦皇成〕

国枝栄調教師のコメント
22日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。先週と同様に、重賞戦線でも好走歴のあるプロディガルサンを相手に大きく先行する形から、直線では進路を外目に取って、最後は併入で終えています。段々と体が引き締まってきたことで、動きにキレが出てきているものの、息遣いはもう一つ良くなってきませんね。咳が出たりすることはありませんが、実戦から少し遠ざかっていることで心肺機能がまだ出来ていないのだと思います。ただ、レースまではあと1週ありますし、週末と来週でしっかり負荷を掛けて良化を図っていければと思います。なお、鞍上は三浦皇成騎手に依頼しています」

調教タイム
セリユーズ[父 ディープインパクト : 母 ミュージカルロマンス]
 助 手 7/22()南W稍 67.6- 52.6- 38.5- 12.05]馬なり余力
  プロディガルサン(古オープン)馬なりの外1.5秒先行同入

| | コメント (0)

より以前の記事一覧