一口馬主

2022/08/29

カラレーション号、レース結果と調教師のコメント

愛馬カラレーション号、下記のとおり、先週日曜日の小倉10R・RKB賞に西村淳也騎手騎乗で出走し、2着でした。

道中は好位追走。直線を向くところで一瞬もたついたように見えましたが、直線で伸びてきてクビ差の2着。惜しかったです。

無理せず、一旦リフレッシュし、次走に向かうようです。

20220828_4

カラレーション[父 キングカメハメハ : 母 カラフルブラッサム]
 8/28()小倉10R RKB賞〔D1,700m・16頭〕2着[9人気]

最内1番枠から五分のスタートを決めると、道中は好位でレースを進めます。直線で馬群を割って伸びてくると、最後はクビ差の2着と及ばなかったものの、昇級2戦目で変わり身を見せています。

松下武士調教師のコメント
「前走より2kg体重が減ってしまいましたが、小倉競馬場に到着後はこれまで通り落ち着いていましたし、前走をひと叩きしたことによって、体の張りは更に良くなっているように思いました。レースでは、最内枠を活かしてロスなく立ち回ってくれましたし、勝負どころでも慌てず満を持して追い出してくれましたが、最後はクビ差及ばなかったですね。レース後、西村淳也騎手は『あそこまで来たら勝たせてあげたかったですね。でも、動きたいところでモタモタしていた前走と違い、今回は追い出しを待つほどの余裕がありましたし、勝負どころでロスがありながらも最後まで良く伸びてくれました。ハンデ戦とはいえ、同じような競馬を続けていればチャンスがありそうです』と悔しさを見せながらも、健闘を称えていました。元々、使いつつ調子を上げていくタイプでしたが、前走の内容からもう少しクラス慣れが必要と思っていただけに、嬉しい誤算ですね。52kgのハンデも有利になったのは確かなものの、同じような条件を狙って使っていけばどこかでチャンスがあると思うので、次走も良い状態で臨めるよう努めていきたいと思います。トレセンに戻って状態を確認した後は、無理せず牧場へ戻す方向で考えています」

| | コメント (0)

2022/08/25

カラレーション号、今週日曜に出走します

愛馬カラレーション号、下記のとおり、今週日曜日の小倉10R・RKB賞に西村淳也騎手騎乗で出走します。

好走を期待したいです。

20220729

カラレーション[父 キングカメハメハ : 母 カラフルブラッサム]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:24日に坂路コースで時計
次走予定:828日の小倉・RKB賞〔西村淳也〕

松下武士調教師のコメント
「今週は新潟競馬場までの輸送が控えていることから、24日の追い切りは疲労が残らない程度に馬なりで行っています。全体が54.3秒で、ラスト1ハロン12.9秒と、時計こそ目立たないものの、体の使い方やフットワークはとても良かったですよ。昇級戦の前走は勝負どころまで良い形で運べたものの、最後は甘くなってしまったように、現状はパサパサの馬場よりも脚抜きの良い馬場の方が良いように思いました。ただ、週末の天候を見る限り、雨は期待できそうにないですから、最後までいかに体力を温存できるかがカギになってきますね。西村淳也騎手もその点を踏まえてレースを運んでくれると思いますし、ハンデ戦で前走から3kg減の52kgの斤量になったのはプラスになるでしょうから、前走以上の走りを期待したいところです」

| | コメント (1)

2022/08/23

ブラックノワール号、レース結果と調教師のコメント

愛馬ブラックノワール号、下記のとおり、先週土曜日の札幌10R・富良野特別に萩野琢真騎手騎乗で出走し、11着でした。

道中2番手で追走し最後の直線で追い込みをかけましたが残り200mで失速。

一旦放牧に出して出直しとなりそうです。

20220820_2

ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
 8/20()札幌10R 富良野特別〔芝2,000m・11頭〕11着[6人気]

シャドーロール着用。まずまずのスタートから好位2番手でレースを運びます。3コーナーから動いていきますが、残り200mで脚色が鈍り、後方で流れ込んでいます。

藤原英昭調教師のコメント
「プリンシパルステークスの後は成長を促すためにノーザンファーム空港で鍛えてもらいましたが、前走から10kg増えていたものの、体つきを見るとまだ成長の余地があるなと感じました。精神面もまだ幼いところが目立ち、レースでは集中させるためにメンコに加えてシャドーロールを着用させていただきましたが、前走のように制御が利かない感じではなかったものの、1コーナー手前で折り合いを欠いていたように、まだしっかり走り切れていないなという感じでした。ただ、その後は上手く収まって走らせてくれましたし、勝負どころでは上がっていく姿勢を見せてくれた割には、最後は早々に甘くなってしまいましたね。荻野琢真騎手は『追い切りと比較すると、最初は行きたがる素振りを見せていましたが、向正面では上手く折り合って走ってくれました。勝負どころで押し上げていくところまでは良かったものの、最後の直線で追い出して行くと苦しくなって、最後は脚が上がってしまいました。調教でも息づかいがもう一つだと話していましたが、レースではヒューヒューと喉が鳴っていたので、もしかするとその辺りが最後の最後に影響してしまったのかもしれません』とのことでした。普段の調教ではそこまで気にならなかったものの、追い切りやレースで息づかいが気になっているようで、その辺りが少し気掛かりですね。さすがにこのまま使っても良い結果に結び付かないでしょうから、この後は一旦ノーザンファーム空港へ戻させていただいて、喉の状態を診てもらう方向で考えています」

| | コメント (0)

2022/08/19

ブラックノワール号、明日出走します

愛馬ブラックノワール号、下記のとおり、明日の札幌10R・富良野特別に萩野琢真騎手騎乗で出走します。

久々の復帰戦。まずは無事走り切ってほしいです。

20220507_03

ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
在厩場所:函館競馬場
調教内容:17日に函館Wコースで時計
次走予定:820日の札幌・富良野特別〔荻野琢真〕

藤原英昭調教師のコメント
17日に函館Wコースで併せて追い切りを行いました。レースに騎乗してもらう荻野琢真騎手を背に、道中はブラックノワールが先行し、最後の直線で2歳新馬の外側へ併せて同入しています。時計は目立つほど出ていないですが、雨の影響で馬場が悪かったことと、先週しっかり負荷を掛けて仕上げているので、今週は時計を求めずに馬のリズムを重視して行ってもらいました。荻野琢真騎手曰く、『最初の内は少し動きがモッサリとしていましたが、本数を重ねていくにつれて軽快に走ってくれるようになりました。息づかいはまだ少し気になりますが、馬のリズムで走らせれば最後までバテることはないですし、競馬でも先行力を活かしてのびのび走らせることに専念したいと思います』とコメントしていました。追い切り本数をこなした割にはまだ息づかいの感じは物足りなさが残りますが、動きはさすがと思わせますから、新馬戦のように自分のリズムで走ってもらいたいところです」

調教タイム
ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
 荻野琢 8/17()函W稍 68.0- 52.6- 39.4- 13.18]強めに追う
  アスクエピソード(新馬)一杯の外0.8秒先行同入

| | コメント (1)

2022/08/12

ブラックノワール号、来週出走予定で調整中です

愛馬ブラックノワール号、下記のとおり、来週土曜日の札幌・富良野特別に萩野琢磨騎手騎乗で出走に向けて調整中です。

20220507_04_20220812185401

ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
在厩場所:函館競馬場
調教内容:10日に函館芝コースで時計
次走予定:820日の札幌・富良野特別〔荻野琢真〕

藤原英昭調教師のコメント
「先週末に5ハロンから時計を出して行きましたが、先週半ばの追い切りと比較すると徐々に動けるようになっているなと感じていました。そこで、今週は10日に4ハロンから意識的に負荷を掛けて追い切りを行い、道中はブラックノワールが先行して、最後の直線で2歳新馬の外側へ併せて0.2秒先着しています。ラスト1ハロンは12.1秒と、馬場が悪い中でも好時計をマークしているように、着実に動けるようになってきましたね。調教を手伝ってもらった荻野琢真騎手の話では、『息づかいの感じはまだ少し気になりますが、先週より動きに力強さが出て良くなっていますね。まだ余力は残っていましたし、良い感じに上向いてきていると思います』とのことでした。2走目であれだけ行きっぷりが良くなったこともあるので、追い切りはジョッキーに手伝ってもらうようにしていますが、我慢するところは我慢出来ていますし、上手くコントロールしてくれています。週末と来週の追い切りの動き次第と考えていますが、このまま態勢が整うようであれば、820日の札幌・富良野特別に向かう予定です。なお、鞍上は普段から調教を手伝ってもらっている、荻野琢真騎手で臨ませていただきます」

調教タイム
ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
 荻野琢 8/10()函芝不 51.7- 38.4- 12.16]強めに追う
  アスクメークシェア(新馬)強めの外0.4秒先行0.2秒先着

| | コメント (0)

2022/07/19

カラレーション号、レース結果と調教師のコメント

愛馬カラレーション号、下記のとおり、先週日曜日の小倉9R対馬特別に西村淳也騎手騎乗で出走し、9着でした。

好スタートで流れに乗ったレース展開でしたが、最後の直線で伸びませんでした。次走に期待したいです。

20220717_2

カラレーション[父 キングカメハメハ : 母 カラフルブラッサム
 7/17()小倉9R 対馬特別〔D1,700m・14頭〕9着[3人気]

まずまずのスタートから道中は好位の一角で流れに乗っていきます。手応えよく勝負どころに差し掛かるも、直線半ばで脚色が甘くなり、昇級戦は中団で流れ込んでいます。

松下武士調教師のコメント
「小倉競馬場までの輸送がありながらも、過去最高馬体重で臨めたように、ここに来て飼い葉食いが実になって馬体がしっかりとしてきたように思います。昇級戦でもスッと良いポジションで流れに乗ることが出来ましたし、勝負どころの感じも良かったですが、最後は甘くなってしまいましたね。稍重発表ではあったものの、良馬場に近いところまで回復していましたから、その辺りが最後の伸び脚に影響してしまったように思います。レース後、西村淳也騎手は『前走は良馬場でも強い競馬をしてくれましたから、今の状態なら昇級戦でも良い走りを見せてくれると期待していました。前走同様に良いポジションで流れに乗ることが出来ましたし、最後の直線に向くところまでは理想通りでしたが、直線半ばで脚が鈍ってしまいました。現状はもっと脚抜きの良い馬場の方が良いのかもしれません』とのことでした。昇級戦に加えて、馬場状態が向かなかったことを考えると、決して悲観する内容ではなかったですから、次走も良い状態で臨めるよう努めていきたいと思います。この後はトレセンに戻って状態をよく確かめた上で相談させていただきます」

| | コメント (0)

2022/07/15

カラレーション号、今週出走します

愛馬カラレーション号、下記のとおり、今週日曜日の小倉9R・対馬特別に西村淳也騎手騎乗で出走します。

好走を期待します。

20220424_09

カラレーション[父 キングカメハメハ : 母 カラフルブラッサム]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:13日に坂路コースで時計
次走予定:717日の小倉・対馬特別〔西村淳也〕

松下武士調教師のコメント
「小倉競馬場までの輸送に備えて、13日の追い切りは坂路で終い重点で行っています。全体の時計は目立たないですが、ラスト1ハロンは12.7秒と、時計・動き共にここ最近の中でも良かったと思います。しっかり乗り込んでも馬体重は434kgを維持しており、輸送で極端に減りさえしなければ良い状態で向かうことが出来そうです。前回はパサパサの馬場に対応できるかがカギだと考えていましたが、こちらが考えていた以上に強い競馬でしたし、どの条件でも通用する自信が出来ました。昇級戦とはいえ、牝馬限定戦ならチャンスはあると思いますし、ジョッキーも自信を持っているようですから、ここでも良い走りを見せて欲しいところです」

出走情報(確定
カラレーション[父 キングカメハメハ : 母 カラフルブラッサム]
 7/17()小倉9R 対馬特別〔D1,700m・14頭〕55 西村淳也 発走14:15

調教タイム
カラレーション[父 キングカメハメハ : 母 カラフルブラッサム]
 助 手 7/13()栗坂稍 56.1- 40.8- 26.1- 12.7 末強め追

| | コメント (0)

2022/05/11

ブラックノワール号、放牧に

愛馬ブラックノワール号、下記のとおり、10日にノーザンファームしがらきに放牧に出されました。

リフレッシュ後の次走に期待したいです。

20220507_04_20220511231701

ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
在厩場所:10日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定

藤原英昭調教師「先週は、折り合いを欠いてチグハグな競馬になってしまったものの、新馬戦時と比較すると、かなり力を付けているなと感じましたし、上手く修正していけば先々がかなり楽しみだと手応えは掴みました。トレセンに戻って状態を確認したところ、気掛かりだった右前蹄の状態は良い意味で変わりなかったですし、精神面も平常心を保っていましたが、無理せず牧場へ戻させていただきました。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら検討していくつもりですが、北海道シリーズも視野に入れています」

最新情報
ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
 10()に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

| | コメント (0)

2022/05/09

ブラックノワール号、レース結果と調教師のコメント

愛馬ブラックノワール号、下記のとおり、先週土曜日の東京11Rプリンシパルステークスに内田博幸騎手騎乗で出走し、15着でした。

やや遅れた感じのスタートから向こう正面ではかかり気味に先団に進出。最後の直線で失速し、シンガリ負け。

一旦立て直して、秋には本格化を期待したいです。

20220507_02

レース結果
ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
 5/7()東京11R プリンシパルステークス(L)〔芝2,000m・15頭〕15着[7人気]

モッサリとしたスタートから、道中は行きたがるのを宥めながら中団を追走します。向正面を過ぎてから先団まで押し上げていき、直線へ向いて追われますが、残り400m付近で力尽き、3ヵ月ぶりとなるレースは後方で流れ込んでいます。

藤原英昭調教師のコメント
「新馬戦時と同様に、東京競馬場に到着後も環境の変化に戸惑うようなことはありませんでした。一度競馬を経験したことによって、気持ちがどのように変化するか注意して見ていましたが、装鞍所からパドックでは概ね落ち着いていましたし、返し馬の感じも悪くなかったですから、前走のようにのびのび走ればここでも好勝負になると期待していました。ただ、すんなりと先頭に立つことが出来た前走と違って、今回は周りに馬がいることでリズムを欠いた走りでしたし、ディナースタが外から捲ってきたところで、ブラックノワールもその気になって折り合いを欠いてしまったように、経験の浅いところが出てしまったように思います。内田博幸騎手は『前走はハナに立つことが出来たので、最後までリズムを欠くようなことはなかったですが、今回は中団から運ぶ形になってしまって、コントロールが難しかったですね』とのことでした。調教では概ね行儀よく進めることが出来ていましたが、今回はスイッチが入ると折り合いを欠いてしまったように、気難しい一面を持っていることが確認できました。でも、素質の高い馬ですから、一つ一つ課題をクリアできるように大事に育てていきたいと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認してからになりますが、無理せず牧場へ戻して心身ともにリフレッシュさせる方向で考えています」

最新情報
ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
 10()に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出る予定です。

| | コメント (0)

2022/05/06

ブラックノワール号、プリンシパルステークスに出走します

愛馬ブラックノワール号、下記のとおり、明日の東京11Rプリンシパルステークスに内田博幸騎手騎乗で出走します。

初戦に続いて、8枠15番と外枠。調子は良さそうなので、なんとかダービー出走権を獲得してほしいです。

20220205_10_20220506200401

ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:4日に芝コースで時計
次走予定:57日の東京・プリンシパルステークス(L)〔内田博幸〕

藤原英昭調教師のコメント
「先週、併せてしっかり負荷を掛けた後も気持ちが入り過ぎることなく、蹄を気にすることもなかったので、4日に芝コースで追い切りました。先週と同様に望来(岩田望来騎手)に跨ってもらい、終い重点で負荷を掛けるように指示を出していましたが、『先週よりも反応・動き共に良くなっていました。このひと追いで更に上向いてきそうです』と調子の良さを感じたようです。欲を言えば、ウッドチップで負荷を掛けたいところですが、蹄を痛めてしまうと元も子もないですし、無事に出走させることが第一目標ですから、2週続けて芝で追い切る形を採らせていただきました。ただ、ここまでスムーズに進められたのは何よりですし、今週の追い切りで態勢が整ったかなと思います。初戦はこの馬の特徴を活かして、ジョッキーがのびのびと走らせてくれたことに尽きますし、現状は無理に控えず、自分のリズムで走らせてあげる方がベターだと思っています。初戦は着差以上に強い競馬を見せてくれましたが、ダービートライアルと言うことで、メンバーは一気に強くなりますし、ここでどれだけの走りが出来るか試金石になりそうです。本格化するのはもう少し先だと思いますが、ブラックノワールも素質だけはどの馬にも引けを取らない馬ですから、良い走りを期待したいですね」

調教タイム
ブラックノワール[父 キタサンブラック : 母 ブラックエンブレム]
 岩田望 5/4()栗芝稍 63.4- 48.0- 34.8- 11.21]強めに追う

| | コメント (0)

より以前の記事一覧