プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

プロ野球Freak

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

プロレス

戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

年末年始休暇の最終日、『戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』を観戦。
 
Dsc_0864_2
 
Dsc_0866_2
 
座席は2階席eye
 
Dsc_0870_2
 
16:10から開始の第0試合はニュージャパンランボー。
ひさびさの新日本登場となるマイケル・エルガンをはじめ、小林邦昭やスコット・ノートンといった往年の名選手など、全14選手が参戦。
最後はエルガンがROHのチーズバーガーをエルガンボムで沈めて勝利。
 
17:00になり、いよいよ本戦開始dash
 
 
第1試合は、テレビアニメ『タイガーマスクW』スペシャルマッチsign01
 
Img_7411_2
タイガーマスクとタイガー・ザ・ダークが、アニメの世界から飛び出して対峙。
 
Img_7413_2 
Img_7415_2  
リングアナで、アニメ「タイガーマスクW」ヒロイン高岡春奈役・三森すずこが登場。
 
Img_7414_2  
共に華麗な空中技を交錯させ、会場を盛り上げた一戦は、タイガーマスクWがタイガードライバーで勝利sign01
 
タイガーマスクWの正体は、やっぱり、噂とおりの彼なのか…
 
 
第2試合は、IWGPジュニアタッグ選手権。
 
Img_7419_2
王者組のヤングバックス(マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組)が、ロッポンギ・ヴァイス(ロッキー・ロメロ&バレッタ組)を相手に防衛戦。
王者組の兄弟ならではのコンビネーションに挑戦者組は劣勢となるも、最後はロッキーがニックを丸め込んで逆転勝利しベルト奪取。
 
Img_7425_2
 
 
第3試合はNEVER無差別級6人タッグ選手権。
 
Img_7429_2  
王者の小島聡&リコシェ&デビッド・フィンレー組と、SANADA&EVIL&BUSHI組、バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&ハングマン・ペイジ組、そしてYOSHI-HASHI&ウィル・オスプレイ&邪道組が、勝ち残り形式のガントレットマッチで激突。
 
本日は裕二郎が4人のおねぇちゃんたちを引き連れて登場。
 
Img_7445_2 
Img_7446_2 
Img_7447_2  
約1名、結構ギリギリのコスチュームのおねぇちゃんがいますが…sweat01
 
試合ですが、初戦はラフファイトで攻め込んだファレ組が、YOSHI-HASHI組に勝利。
続いてSANADA組と激突するも、相手チームの鉄壁のコンビネーションの前に敗退。
最後はSANADA組と王者組が対峙。王者組は防衛に向けて奮闘するも、小島を狙い撃ちにしたSANADA組は、BUSHIの毒霧からEVILのダークネスフォールズにつないで激勝。
L・I・Jがベルトを強奪。
 
Img_7455_2
 
今年もL・I・Jの勢いは止まらない感じですね。
 
 
第4試合は、BULLET CLUBの新メンバーのCodyが、ジュース・ロビンソンと対決。
 
Img_7457_2
ジュースはおもいきりのいい攻撃を繰り出していくも、WWEでも活躍した歴戦の猛者Codyは、やすやすとペースを握らせない。
最後もパルプリフリクションをうまく切り返し、クロスローズで勝利。
 
Img_7459_2
 
 
第5試合は、ROH世界選手権。
 
Img_7461_2  
王者のカイル・オライリーが前王者のアダム・コールとリマッチ。
ROH直輸入のカードは、オライリーが得意のキックと関節技で攻め込んでいく。
しかし、ベルト奪還に燃えるコールは、トラースキックの連発でオライリーの動きを止めると、ラストショットを炸裂させてベルトを奪還。
 
Img_7466_2 
 
第6試合は、IWGPタッグ選手権3WAYマッチ。
 
Img_7468_2  
王者ゲリラズ・オブ・デスティニー(タマ・トンガ&タンガ・ロア組)と、『WORLD TAG LEAGUE 2016』覇者の真壁刀義&本間朋晃組、そして矢野通&石井智宏組が三つ巴の乱戦を展開。
王者組と真壁組が肉弾戦を展開する中、矢野が持ち前のインサイドワークを発揮。王者組に背後から634を食らわせると、タンガをうまく丸め込んでベルト奪取。
 
Img_7469_2
 
 
第7試合は、IWGPジュニアヘビー級選手権。
 
Img_7474_3
王者のKUSHIDAと、高橋ヒロムが対峙。
 
Img_7478_2 
Img_7477_2  
場外セントーンをはじめ、ヒロムの捨て身の攻撃に苦戦を強いられたKUSHIDAだが、こだわりのホバーボードロックでギブアップを迫っていく。
しかし、王者の猛攻を耐え抜いたヒロムは、執念のTIME BOMBで3カウントを奪い、IWGPジュニア初挑戦で初戴冠。
 
Img_7482_2 
 
第8試合は、NEVER無差別級選手権。
 
Img_7485_2
王者の柴田勝頼と挑戦者の後藤洋央紀が激突。
柴田は強烈なキックに執拗な関節技と、厳しい攻めで後藤を追い込んでいく。
しかし、後藤も意地を爆発させ、両者は真っ向勝負を展開。
白熱の王座戦は、後藤が裏GTRからGTRとたたみかけて激勝し、NEVERのベルトを獲得。
 
Img_7490_2
 
 
第9試合(セミファイナル)は、IWGPインターコンチネンタル選手権。
 
Img_7499_2
王者の内藤哲也が、棚橋弘至を迎撃。
 
Img_7513_2 
Img_7504_2
リングアナで、スペシャルアンバサダーの俳優・安田顕が登場。
リング上で内藤に絡まれる場面もありました。
 
Img_7495_2  
 Img_7516  
棚橋は王者の機動力を奪うべく、左ヒザに集中攻撃。
しかし、内藤も負けじと左ヒザを狙い撃ち。両雄、ヒザ攻めをベースにしながら要所で大技を繰り出し、一進一退の攻防を展開。
最後は内藤がスウィング式の裏DDTからデスティーノにつなぎ、王座防衛に成功。
 
Img_7520  
Img_7523  
試合後、内藤は大の字の棚橋の胸に拳を当ててから一礼し、敬意を表すような行動を見せた。これが意味することはなんだったのか…
 
 
第10試合(メインイベント)は、IWGPヘビー級選手権。
 
Img_7525
王者オカダ・カズチカに、2016年の『G1 CLIMAX』覇者のケニー・オメガが挑戦。
 
Img_7538  
Img_7539  
Img_7541  
Img_7527
攻守が目まぐるしく入れ替わる一戦は、オメガのノータッチ式トペ・コンヒーロからさらに加速。
机を利用したフットスタンプをはじめ、挑戦者の破天荒な攻撃にオカダは苦戦を強いられるも、逆にオメガをリング上から場外の机にショルダースルーで放り投げて応戦。
その後も両雄は死力を尽くし、激しい大技の応酬を繰り広げるが、最後はオメガのレインメーカー式Vトリガーをしのいだオカダが、旋回式のツームストンパイルドライバーからレインメーカーを炸裂させて、45分を超える王座戦に勝利。
 
Img_7544
まさに激戦でした。オメガの必殺技『片翼の天使』を回避できたのが勝因のひとつでしょう。
 
Img_7550 
Img_7553
 
新年早々、2017年のベストバウトに選出されそうな大激戦を制し、しばらくはオカダの時代が続きそうですね。
 
後は、セミファイナルで敗れた棚橋が復活するのかどうかが、2017年の新日本プロレスのカギかなという気がします。
 
ということで、あっという間に楽しいひと時は過ぎ去り…
 
帰りの電車に乗って現実に引き戻されました。
 
明日からお仕事がんばりましょうsign03
 

 
 
 
 
 

秋の両国決戦

秋の両国決戦、新日本プロレスの『戦国炎舞 -KIZNA- Presents KING OF PRO-WRESTLING』を観戦してきました。
 
Dsc_0739
 
両国国技館で行われた、2017.1.4東京ドームのメインにつながるIWGPヘビー級戦線。
 
Img_6984
 
第8試合。挑戦権権利証争奪戦。ケニー・オメガvs後藤洋央紀。
 
Img_7126_2
 
G1決勝で敗れ、リベンジを誓った後藤。序盤、いい感じで攻めましたが、徐々にケニー・オメガのペースに。最後は必殺技の片翼の天使でケニー・オメガが勝利。
 
Img_7138
 
第9試合。IWGPヘビー級選手権試合。オカダ・カズチカvs丸藤正道。
 
Img_7140
 
箱舟の天才・丸藤がIWGPにチャレンジということで会場の雰囲気は凄かったっす。
 
Img_7141
 
迎え撃つチャンピオンのオカダ。IWGPヘビーのベルト流出は阻止してほしいところ。
 
Img_7150
 
試合は丸藤が押し気味で進む。
 
試合時間が25分を過ぎて丸藤が不知火で仕留めにかかったところをオカダがかわし、起死回生の変形のレインメーカーで両者ダウン。起き上がって丸藤が虎王を仕掛けたところをオカダがツームストンパイルドライバで返し、さらに掟破りのエメラルドフロウジョン。そして最後はレインメーカーで沈め劇勝sign03
 
1.4東京ドームのメインはオカダ・カズチカvsケニー・オメガに決定。
 
Img_7179
 
非常に盛り上がった試合でした。
 
Img_7180
 
Img_7183
 
オカダが新日本プロレスのエースとして、さらに走り始めた感じです。
 

4.10両国、頂上決戦

本日は、新日本プロレスの両国国技館大会『INVASION ATTACK 2016』に行ってきました。
 
Dsc_0342
 
Dsc_0345
 
Img_5295
 
第一試合。田口、ロビンソン組vsファレ、高橋組のタッグマッチ。
 
Img_5300
 
バッドラックフォールから体固めで、バッドラック・ファレ組が勝利。
 
Img_5303
 
第二試合。ライガー、永田、小島組vsYOSHI-HASHI、桜庭、矢野組の6人タッグマッチ。
 
Img_5315
 
バックドロップ・ホールドで永田組が勝利。
 
Img_5318
 
第三試合。後藤、石井組vsBUSHI、EVIL組のタッグマッチ。
 
Img_5321
 
Img_5325
 
スライディングラリアットからエビ固めで石井組が勝利。
 
Img_5332
 
第四試合。IWGPジュニアタッグ選手権。チャンピオンのサイダル、リコシェ組vsバレッタ、ロメロ組。
 
Img_5337
 
Img_5349
 
ストロングゼロからエビ固めでバレッタ、ロメロ組が勝利。リコシェ、サイダル組が防衛に失敗。六本木ヴァイスが第46代王者に。
 
Img_5352 
Img_5356 
第五試合。IWGPジュニアヘビー級選手権。チャンピオンのKUSHIDAvsオスプレイ。
 
Img_5359
 
Img_5363 
Img_5365 
ホバーボードロックでKUSHIDAが4度目の防衛に成功。
 
Img_5369 
試合後、ライガーが登場。次期挑戦者に名乗り出た。
 
Img_5372 
KUSHIDAが受諾し、次期挑戦者はライガーに決定。
 
Img_5375 
第六試合。ヨシタツ復帰戦のNEVER無差別級6人タッグ選手権試合。チャンピオンのニック・ジャクソン、マット・ジャクソン、ケニー・オメガ組vsヨシタツ、エルガン、棚橋組。
 
Img_5378
 
首の負傷からカムバックしたヨシタツ。
 
Img_5388
 
棚橋人気は健在。
 
Img_5385
 
Img_5400
 
雪崩式合体エルガンボムからエビ固めでヨシタツ、エルガン、棚橋組が勝利。ケニー&バックスが防衛に失敗。棚橋&エルガン&ヨシタツが第5代王者組に。
 
Img_5409
 
Img_5418
 
第七試合。NEVER無差別級選手権試合。チャンピオンの柴田vs天山。
 
Img_5422
 
Img_5429
 
PKから片エビ固めで柴田が勝利。
 
Img_5433
 
試合後、柴田が天山に一礼。その後、永田に宣戦布告。
 
Img_5434
 
第八試合。IWGPタッグ選手権試合。チャンピオンの真壁、本間組vsタンガ・ロア、タマ・トンガ組。
 
Img_5441
 
Img_5452
 
本間の大こけしは不発。
 
Img_5459
 
ゲリラ・ウォーフェアから片エビ固めで、タマ、タンが組が勝利。真壁&本間が防衛に失敗。タマ&タンガが第70代王者組に。
 
Img_5461 
Img_5464 
第九試合。IWGPヘビー級選手権。チャンピオンのオカダ・カズチカvs内藤哲也。
 
Img_5473 
試合前から舌戦。
 
オカダからは「ビビんなよ」
 
Img_5469 
内藤からは「あっせんなよ」
 
Img_5470 
メインイベンターは華があります。
 
Img_5476 
Img_5480 
Img_5490 
Img_5492 
内藤コールがすごかった。
 
試合は20分を超える熱戦。
 
決着間際に真田聖也が乱入し、オカダにムーンサルトプレスを見舞う。
 
Img_5500
 
内藤がレインメーカーをかわして、デスティーノから体固めで勝利。オカダが防衛に失敗。内藤が第64代IWGPヘビー級王者となる。
 
しかし、内藤よ、こんな勝ち方でいいのか?と問いたい。
 
試合後もBUSHIの毒切りなど、やりたい放題。
 
Img_5502
 
いまいち納得できない結末でした…
 
納得できない感じの観客の方々は、マイクパフォーマンスまで待たずに試合後席を立つ人が多かったですね。
 
Img_5508
 
Img_5509
 
予想以上に内藤人気が増しているのに驚きでした。

1.4東京ドームに行ってきました

WRESTLE KINGDOM 10 1.4東京ドームに行ってきました。
 
Dsc_0152
 
16時前に到着しましたが、入場に時間がかかり、第0試合の途中から観戦となりました。
 
座席は1F席。
 
Img_4879
 
思ったより結構見れます。 
 
第0試合は邪道が優勝。
 
Img_4874
 
いっしょに登場した『ももクロ』の有安杏果ちゃんをお姫様抱っこで記念撮影camera
 
第1試合はIWGPジュニアタッグ選手権4WAYマッチ。
 
Img_4880
 
現王者組のreDRagonに元王者組の3チームが挑戦。スピード感あふれる接戦の末、ヤングバックスがロメロを連携攻撃で下してベルトを奪取。
 
Img_4883
 
第2試合は初代NEVER無差別級6人タッグ選手権。
 
Img_4888
 
高橋裕二郎が新しいおねぇちゃん『SHIORI』を同伴して登場。
 
Img_4890
 
Img_4901
 
試合は、矢野とROHのブリスコ兄弟がBULLET CLUBの3人と激突。最後はブリスコ兄弟が合体殺法でトンガをフォールし、矢野組が栄えある初代王座戴冠。
 
Img_4905
 
裕二郎はSHIORIと退場していきました。
 
Img_4906
 
第3試合はROH世界選手権。
 
Img_4908  
王者ジェイ・リーサルにマイケル・エルガンが挑戦。エルガンがパワーファイトでペースを握るも、一瞬の凶器攻撃を挟んだリーサルが勝利。
 
Img_4911
 
第4試合はIWGPジュニアヘビー級選手権。
 
Img_4912
 
王者ケニー・オメガと挑戦者KUSHIDAが、IWGPジュニアヘビー級王座を賭けて激突。KUSHIDAがオメガの片翼の天使をうまく丸め込みで切り返し、ベルト奪還に成功。
 
Img_4921
 
Img_4927
 
第5試合はIWGPタッグ選手権。
 
Img_4933
 
王者カール・アンダーソン&ドク・ギャローズ組が、真壁刀義&本間朋晃組を相手に防衛戦。
 
Img_4938    
王者組の猛攻に劣勢の真壁組だったが、終盤に『大こけし』がさく裂。最後はギャローズに必殺技の連携で勝利。IWGPタッグ王座初戴冠。
 
Img_4949
 
第6試合は遺恨深まる後藤洋央紀とロス・インゴベルナブレス・ハポンの内藤哲也が一騎打ち。
 
Img_4951
 
EVILとBUSHIの乱入をしのいだ後藤が、内藤を豪快な昇天・改で撃破。
 
Img_4952
 
第7試合はNEVER無差別級選手権。
 
Img_4957  
石井智宏が柴田勝頼を挑戦者に迎えての防衛戦。両者意地の張り合いの真っ向勝負は、柴田がPKで石井を沈めてシングル王座初戴冠。
 
Img_4960
 
第8試合はIWGPインターコンチネンタル選手権。
 
Img_4964
 
Img_4978
 
Img_4990
 
Img_4996  
中邑真輔がAJスタイルズとシングル初対決。激しく攻守が入れ替わる一進一退の末、中邑がボマイェを炸裂させて激勝。
 
Img_5006
 
第9試合はIWGPヘビー級選手権。
 
Img_5009
 
Img_5019
 
Img_5035
 
Img_5039
 
オカダ・カズチカが、宿敵・棚橋弘至を相手にIWGPヘビー級王座の防衛戦。試合時間35分を超す大熱戦。オカダがレンメーカー3連発で棚橋を撃沈。王座防衛と共に、昨年のイッテンヨンのリベンジに成功。
 
Img_5050
 
Img_5061
 
初めての1.4東京ドーム観戦でしたが、熱い試合が観れ、よかったです。

秋の両国決戦

本日は両国国技館で新日本プロレスを生観戦。

Img_4360
第2試合。本間朋晃とYOSHI-HASHIのシングル対決。

Img_4374
Img_4376

本間がこけし殺法の乱れ打ちdash

Img_4381
最後は、トップロープからの『大こけし』が決まり快勝sign03

Img_4383

第3試合。天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学が強力カルテットを結成した8人タッグマッチ。

Img_4392

第三世代軍が波状攻撃を仕掛けてキャプテン・ニュージャパンを倒した。

Img_4402
第4試合。IWGP Jr.タッグ選手権試合。

Img_4405

Img_4416

王者組のカイル・オライリー&ボビー・フィッシュが連携攻撃のダブルドラゴンで、バレッタを仕留めて2度目の防衛に成功sign01

Img_4420

第5試合。ケニー・オメガvsマット・サイダルのIWGP Jr.ヘビー級選手権試合。

Img_4421

Img_4431

Img_4432

好勝負の末にオメガが片翼の天使で初防衛sign01

Img_4435

第6試合。IWGPインターコンチネンタル王者・中邑真輔と、次期挑戦者に名乗りをあげたカール・アンダーソンは6人タッグマッチで対戦。

Img_4443
両者、バチバチのにらみ合い。

Img_4445
両者が激しい攻防を繰り広げる中、矢野通が“二刀流の急所攻撃”634からバッドラック・ファレを丸め込み、3カウントを奪い勝利。

第7試合。NEVER無差別級選手権試合・真壁刀義vs石井智宏。

Img_4454

Img_4460
両者がド迫力の肉弾戦を展開。キングコングニードロップを回避した石井が垂直落下式ブレーンバスターで勝利し、王座を奪回。

Img_4463

試合後、本間がリングへ入り、石井に対して挑戦を表明。

Img_4467

第8試合。東京ドームIWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦・棚橋弘至vs内藤哲也。

Img_4469

Img_4481

Img_4474
内藤は、予告通りにパレハ(パートナー)と登場。

試合途中でマスクを外したパレハの渡辺高章が乱入dash

Img_4491
内藤と渡辺に痛めつけられた棚橋を後藤洋央紀と柴田勝頼が救出。最後はハイフライフローで内藤に勝利し、東京ドームIWGPヘビー級王座挑戦権利証を守った。

Img_4497

第9試合。メインイベントのIWGPヘビー級選手権試合オカダ・カズチカvsAJスタイルズ。

Img_4500
Img_4506
Img_4520
2人が高度な読み合いと大技の応酬を繰り広げる大熱戦。30分過ぎに、オカダがノーモションの変型レインメーカー2連発からのレインメーカーでAJスタイルズを撃破し初防衛。

Img_4527
Img_4540
Img_4548
試合後、オカダと棚橋が至近距離で対峙。

Img_4538
1・4東京ドームの大一番へ向け、早くも2人の気合は上がってきたようだ。

1・4東京ドームも行っちゃうかな?どうしようかな?

G1 CLIMAX 25 優勝決定戦を観てきました

本日は20数年ぶりに両国国技館に。

Dsc_3604
Dsc_3606
目的は、G1クライマックス25の優勝決定戦の観戦。

Dsc_3605
優勝決定戦は、Aブロック1位・棚橋弘至vsBブロック1位・中邑真輔の対戦。

座席は2階席(向正面)。

Dsc_3608
天井がめっちゃ高い。

●第1試合。田中翔、小松洋平、獣神サンダー・ライガー組vsデビッド・フィンレー、マスカラ・ドラダ、田口隆祐組。

Img_3731
田口がスライディングヒップアタック→片エビ固めで小松から勝利。

●第2試合。キャプテン・ニュージャパン、小島聡、天山広吉組vsジェイ・ホワイト、中西学、永田裕志組。

Img_3735
天山がアナコンダバイズでホワイトから勝利。

●第3試合。YOSHI-HASHIvsマイケル・エルガン。

Img_3739
エルガンボムでエルガンが勝利。

●第4試合。桜庭和志、石井智宏、矢野通組vsタマ・トンガ、高橋裕二郎、バッドラック・ファレ組。

Img_3750
そして、高橋裕二郎同伴の本日のR指定ダンサーは…

Img_3748
MAOちゃんじゃなかった。Tokyo Latiina(トーキョーラティーナ)のPIETERが登場。
雌ヒョウの衣装&ダンス、セクシーでしたheart01

試合は、石井が垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固めでタマ・トンガから勝利。

●第5試合。本間朋晃、内藤哲也、真壁刀義組vs飯伏幸太、柴田勝頼、後藤洋央紀組。

Img_3756
飯伏がフェニックススプラッシュ→片エビ固めで本間から勝利。

ここで前半戦終了。一旦休憩に。

すると…天龍源一郎が登場sign03

Img_3761

引退試合の相手にオカダ・カズチカを指名sign03

●第6試合。IWGP Jr.タッグ選手権試合。
 挑戦者:ボビー・フィッシュ、カイル・オライリー組vs第42代王者:ニック・ジャクソン、マット・ジャクソン組。

Img_3765
ボビー・フィッシュがチェイシング・ザ・ドラゴン→片エビ固めでニックから勝利し、新王者に。

Img_3768
●第7試合。IWGP Jr.ヘビー級選手権試合。
 挑戦者:リコシェvs第71代王者:KUSHIDA。

Img_3775
Img_3778

ホバーボードロックでKUSHIDAが防衛に成功。

Img_3784
●第8試合。セミファイナル。
 マイケル・ベネット、マット・ターバン、オカダ・カズチカ組withマリア・ケネリス vsドク・ギャローズ、”ザ・マシンガン”カール・アンダーソン、AJスタイルズ組。

Img_3804
今日のマリアさまも悩殺的でしたheart02

Img_3791
今日はアンダーソンだけじゃなく、AJまでマリアさまの虜(?)にheart04

Img_3808

試合はAJスタイルズがスタイルズクラッシュ→エビ固めでオカダ・カズチカを撃沈。

Img_3812
●第9試合。G1 CLIMAX 25優勝決定戦。棚橋弘至vs中邑真輔。

Img_3821
Img_3825
TVの特別解説は、第1回G1 CLIMAXの決勝を戦った蝶野正洋、武藤敬司。それとサッカー界のレジェンド・中山雅史。

Img_3831
試合は30分超の大激戦の末、ハイフライフロー2連発→片エビ固めで棚橋が8年ぶりにG1優勝sign03

最後、両者握手で健闘を称えあったgood

Img_3836
表彰式。優勝旗授与は蝶野。

Img_3838
賞金目録授与は武藤。
Img_3840
トロフィー授与は中山雅史。
Img_3843
そして、エアギター終了後、紙ふぶき。

Img_3851
Img_3856
見ごたえ十分の優勝決定戦でした。

表彰式終了後、会場を出たところで人盛り。その先には本日のR指定ダンサーTokyo Latiina(トーキョーラティーナ)のPIETERheart01

Img_3859
めっちゃウエスト細い。

Img_3860
しっかり、ツーショットもいただきましたhappy01

新日本プロレス観戦

今宵は、仙台サンプラザホールで行われた新日本プロレスリング『THE NEW BEGINNING in SENDAI』に。

Dsc_0393
Dsc_0396
全10試合のうち、タイトルマッチが4試合ということで、全席ソールドアウトの大盛況でした。

前半戦でNWAのタイトルマッチが2試合。

まず、NWA世界Jr.ヘビー級選手権試合は、王者 獣神サンダー・ライガーが前王者のチェーズ・オーエンズに勝利し、2度目の防衛に成功。

Img_2889
試合後、次期挑戦者にセコンドについていたタイガーマスクを指名。

続いて、NWA世界ヘビー級選手権試合。天山広吉が、王者 ロブ・コンウェイに勝利し、王座奪取。

Img_2906
休憩をはさんだ後半戦。ノンタイトル戦では、内藤哲也、飯伏幸太、棚橋弘至、オカダ・カズチカなど人気選手が続々登場。

Img_2914
Img_2933
Img_2944
Img_2961
盛りがってきたところで、セミファイナルのNEVER無差別級選手権試合。の予定でしたが、王者 真壁刀義がインフルエンザで欠場となり、NEVER無差別級王座を返上。急きょ、本間朋晃vs石井智宏の王者決定戦に変更。

Img_2974
20分を超える激戦の末、垂直落下式ブレーンバスターで勝利した石井が勝利。

メインイベントは、IWGPインターコンチネンタル選手権試合の中邑真輔vs永田裕志。一撃で攻守が入れ替わる試合展開。最後は中邑のノーモーションでボマイェで勝利。

Img_2990

今日のベストバウトは、本間朋晃vs石井智宏のNEVER無差別級王座決定戦ですね。

本間ちゃんが大健闘。マジで、いい試合でした。

なんか知らんが、見てるだけだったのに汗だくになりましたcoldsweats01

1.4東京ドーム大会 放送第2週め

昨夜の放送は、新日本プロレス1.4 東京ドーム大会『バディファイトPresents WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドーム』の2週めの放送happy01

まずは、第7試試合、スペシャルシングルマッチの後藤洋央紀vs柴田勝頼。『G1』以降、アゴの骨折で欠場していた後藤洋央紀が“高校時代からの盟友”柴田勝頼と復帰戦。ラリアット、張り手、エルボー、キック、頭突きなどが乱れ飛び復帰戦とは思えない超ハードヒットな攻防。最後は、昇天・改を完璧に決めた後藤が薄氷勝利。試合後は両者がリングで大の字になりながら思いを語り合っていた。そして、最後は、柴田がグロッキーの後藤に肩を貸して退場。まさに熱いプロレスでした。

続いて、第1試合『IWGPジュニアタッグ選手権試合4WAYマッチ』。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のテーマがかかる中、映画に登場するタイムマシンカー・デロリアンに乗って、TIME SPLITTESが登場。試合は、4チームが持ち味を活かし、スピーディーに交錯する好ファイトが展開したが、最後は王者・ヤングバックスがタイチを抑え込んで初防衛。

まだまだ楽しみな試合が残っている。次週の放送が待ち遠しいっす。

1.4東京ドーム大会 放送第1週め

久々にプロレスネタです。

仙台地区では、地上波でようやく今週から、新日本プロレス1.4 東京ドーム大会『バディファイトPresents WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドーム』の放送が始まりましたhappy01

まずは、第8試合のIWGPジュニアヘビー級選手権試合、プリンス・デヴィットvs飯伏幸太。黒い棺桶から登場したデヴィットは、全身に気味の悪いボディペイントを施しての入場。
試合は、BULLET CLUBの無法介入がエスカレート。しかし、飯伏が耐え、最後は、フェニックススプラッシュをパーフェクトに決めて王座を奪還。 試合後には、謎の白マスクの男がリングに登場し、意味ありげに飯伏に黒いバラの花束を手渡し、無言で去った。

続いて、ファン投票で選ばれたメインイベントのIWGPインターコンチネンタル選手権、中邑真輔vs棚橋弘至。まず立会人のスタン・ハンセンが入場。続いて、棚橋弘至のテーマ曲を“世界的ギタリスト”マーティー・フリードマン(元メガデス)が生演奏。棚橋はエアギターを奏でつつド派手に入場。 一方の中邑はなんと女性ポールダンサーを従えての登場。新コスチュームでたぎりまくって花道を行進し、場内を沸かせる。
試合は、20分過ぎから、たがいの必殺技が次々炸裂。しかし棚橋のハイフライフロー、中邑のスライディングボマイェもカウント2でキックアウト。最後は、テキサスクローバーホールドからスタイルズクラッシュ、再度ハイフライフローを決めて、棚橋が勝利。

2試合とも激戦でしたpunch

次週は、第7試合のスペシャルシングルマッチ~後藤洋央紀復帰戦~後藤洋央紀vs柴田 勝頼戦が放送予定。これも楽しみな一戦です。

といいつつ、2/2(日)には、BS朝日で2時間枠で放送あるから、そっちで一気に観ちゃいそう…coldsweats01

プロレス観戦からのなんやかんや

今日は、久々にプロレス観戦happy01

仙台産業展示館アズテックミュージアムで行われた新日本プロレスの大会に行ってきました。

Img_20130320_144408
到着したとき、グッズ売り場に鈴木みのるがいました。

Img_20130320_144556
今大会は、6試合。『NEW JAPAN CUP』の公式戦はなく、5試合がタッグマッチでした。

Img_0562
楽しみにしていた生オカダ・カズチカ。ドロップキックの高さはハンパなかったっす。

Img_20130320_220233
ついつい、『2ndレインメーカードル』のメモ帳を買っちゃいましたcoldsweats01

Img_0571
メインイベントでは、棚橋・真壁・後藤組が飯塚・矢野・裕二郎組に勝利しました。棚橋の『愛してます』はなく、後藤の『NEW JAPAN CUP』優勝宣言で〆でした。

試合結果は、新日本プロレス公式HPで。

プロレス観戦後は、あすと長町の『なんやかんや』に移動。七輪焼きでホルモンをrestaurant

Img_20130320_182949
楽しい一日でしたnote

明日から29日まで休みなし。ちょっとキツイですが、がんばろうdash

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集